向ヶ丘遊園駅北口駅舎

小田急線向ヶ丘遊園駅の北口にある駅舎は、小田急小田原線が昭和2年(1927年)の開業当時の建物が小田急電鉄では唯一、現役として使われている。屋根の傾斜が2段になった特徴的な外観が独特の雰囲気をかもし出している。開業時は稲田登戸駅と名付けられたが、昭和30年(1955年)に、小田急線開業と同年にオープンした小田急向ヶ丘遊園にちなんだ現在の名称に改められた。平成14年(2002年)の遊園地閉園後も駅名は変わらず、川崎市北部の主要ターミナルとしてにぎわっている。
34yuen
所在地
川崎市多摩区登戸