二ヶ領用水本川

二ヶ領用水は400年余り前の江戸時代初めに多摩川の水を利用した農業用水として造られ、川崎市南部までの流域を潤した。用水のうち、多摩区布田の上河原堰の取入口から高津区久地の新平瀬川との合流点までを「二ヶ領本川」(新川)と呼んでいる。現在は農業用水としての役目を終えたが、上河原堰付近から台和橋付近までの各所に親水化工事が行われ、沿道に植えられたサクラなどの花々とともに水に親しめる市民のオアシスとなっている。
32nikaryo